072-275-4618
初診の方もお電話でご予約をいただいた方がお待たせしません
Face Book
メール相談

堺市・七道駅のイオンモール内の歯医者「ファミリエ歯科」の小児歯科・小児矯正に関するページです。

小児歯科・小児矯正Child

ホーム > 小児歯科・小児矯正

お子さまの歯の健康を守ってあげましょう~小児歯科~

乳歯は大人の歯よりも歯質がやわらかく、エナメル質も薄いため、虫歯になりやすいという特徴があります。それに加えて、「子どもはお菓子や甘い飲み物が大好き」。

ですが、甘いものを食べたり飲んだりするほどお口の中は汚れがちになり、虫歯のリスクが増えてしまいます。そんなお子さまのお口の健康を守ってあげられるのは、ご家族の皆様です。

七道駅のイオンモール内の歯医者「ファミリエ歯科」の小児歯科では、こうしたお子さまの歯の特徴をふまえ、適切な治療・予防によってお口の健康を維持するお手伝いをしています。いざというときの治療をスムーズに行うためにも、小さなころから定期検診にお連れいただければと思います。

乳歯のころから虫歯予防を

乳歯はいずれ生え替わるものであり、一生の中で考えると乳歯の時期は短いかもしれません。しかし、だからといって乳歯の虫歯を放置するのは危険です。

乳歯には、「永久歯を正しい位置に誘導する」「正しい発音を身につけさせる」「食べ物をしっかり噛んで顎や顔の健やかな成長をうながす」といった重要な役割があり、乳歯が虫歯になるとこれらの役割が果たされなくなってしまう恐れがあります。

また、乳歯の虫歯を放置すると、生えてきた永久歯が虫歯になりやすくなったり、歯並びに悪影響を与えたりする可能性もあります。乳歯のころからきちんとケアや予防を行い、虫歯になってもきちんと治療するようにしましょう。

「ファミリエ歯科」の小児歯科メニュー

フッ素塗布
シーラント
フッ素塗布

歯質を強くし、虫歯菌への抵抗力を高めるフッ素を歯の表面に塗布する処置です。歯が生えたときから虫歯のリスクが生じるため、小さなころから定期的にフッ素の塗布を受け、虫歯予防につなげましょう。

シーラント

奥歯の溝は複雑で深く、食べかすが溜まりやすいポイントで、虫歯のリスクが高い場所といえます。みがき残しが出やすいお子さんには、あらかじめその溝を硬質レジン(歯科用プラスチック)で埋め、虫歯予防につなげるという方法もあります。

仕上げみがきが大切です

小さなお子さまに歯みがきの習慣をつけさせることは大事ですが、実際に自分で丁寧にみがけるようになるにはある程度の年数が必要になります。そこで重要になるのが、ご家族の方の手による「仕上げみがき」です。

お子さまの頭をひざに乗せ、頭の上のほうからお口の中をのぞき込むような形で仕上げみがきをしてあげましょう。小さなお子さまは歯ブラシを噛んでしまうため、自分でみがくための歯ブラシとは別に、仕上げみがき用の歯ブラシをご用意ください。自分できちんとみがけるようになる小学校低学年くらいまで、仕上げみがきを続けてあげるようにしましょう。

最近では、親子やご家族で歯みがきを楽しむための本やDVDなども販売されています。もしお子さまが嫌がる場合には、そういったものを利用するのも良いでしょう。

~「だらだら食べ」に気をつけましょう~

お口の中は食事をすると酸性に傾き、食事を終えてしばらくするとだ液の働きによって中性に戻ります。しかし間食や甘いジュースの摂取が多い状態――いわゆる「だらだら食べ・だらだら飲み」の状態――が続くと、なかなかお口の中が中性に戻らなくなり、酸性の状態が続いて虫歯ができやすくなるのです。

つまり、「だらだら食べ・だらだら飲み」の習慣は虫歯のリスクが高くなるのでやめたほうがいいといえます。食事やおやつや甘いジュースは与えるタイミングを決め、「お口を休ませる時間」をつくることが大切です。また、何か食べた後には歯みがきをしたり口をゆすいだりするなど、お口の中をきれいにする習慣もつけるようにしましょう。※スポーツドリンクも糖度が高いので気を付けましょう。

お子さまの歯並びが気になる方へ~小児矯正~

「出っ歯」や「受け口」など、お子さまの歯並びを見て気になることはありませんか? 堺市のイオンモール堺鉄砲町内にある歯医者「ファミリエ歯科」では、お子さまのための矯正治療「床矯正(しょうきょうせい)」に対応しています。

矯正治療は大人になってからでも受けられますが、成長期にある子どものうちに受けることには「スムーズに歯を移動できる」「後に本格矯正を受ける際に抜歯を避けやすくなる」「顎の骨の正しい成長をうながせる」「正しい咬み合わせに誘導できる」といったメリットがあります。小児矯正に適したタイミングを見逃さないように、まずは一度当院へご相談ください。

治療前
  • 治療前
  • 矢印
床矯正(顎の骨を広げて歯を並べる場合)
  • 床矯正
  • 矢印
  • 床矯正
抜歯矯正(歯を抜いてスペースを確保する場合)
  • 抜歯矯正
  • 矢印
  • 抜歯矯正

床矯正とは

床矯正は、入れ歯に似た取り外し可能な装置を毎日一定時間(寝ている間)装着し、少しずつ顎の大きさを広げていくことで歯がきちんと並ぶスペースを確保する矯正方法です。顎が小さいために歯が並ぶスペースがなく、歯が重なり合って生えている「叢生(そうせい)」の改善、もしくはその予防のために行います。

治療開始に適した時期は、乳歯と永久歯の混合歯列期です。ご希望の場合は、そのまま成人矯正への移行も可能です。まずはお気軽にご相談ください。また、下記料金表に掲載のない治療方法についてもお問い合わせください。

矯正料金表
種類 費用(税別) 費用(税込)
相談料 無料
検査料
(歯形取り、レントゲン2枚、写真、咬合圧、
口輪筋の測定、セファロ撮影など)
\30,000 \32,400

※セファロは提携医院での撮影となります。

小児・学童期
種類 費用(税別) 費用(税込)
片顎 \180,000 \194,400
全顎(上下) \250,000 \270,000
調整料 \3,000 \3,240

※難症例の場合は別途費用が加算されます。
※装置の破損・紛失時は別途再作製費用がかかります。